まほろば紀行~つれづれなるままにレトロに生きる

日々の雑感や昭和レトロ、素人の投資ことはじめを語ります。

手間いらずが一番―「米国株超楽ちん投資術」を学ぶ


投資をやり始めて聞こえてきたのは、「日本株よりも米国株に投資すべきだ」との声である。

50代で投資を始めた出遅れおじさんとしても、ここはやはり気になる。

というわけで、いまさらながら人気ブロガーたぱぞうさんの『お金が増える 米国株超楽ちん投資術』(発行:KADOKAWA)を読んでみた。

この1、2年でいろんな方がブログやYouTubeなどで発信しているように、資産形成には結局、積み立てNISAなどを活用したインデックスファンドの長期投資がベストのようだ。

それを分かった上で、あらためて同書を読んで驚いたのは、著者のようにすでに一財産築いた投資成功者でも、若いときには試行錯誤の時期があったということ。

無理のない投資方法は

第1章の「お金の履歴書」で、その変遷が赤裸々に綴られている。資産は増えたが、若いときの投資は「結果オーライ」「投資してきた銘柄は、今なら買わないものばかり」だったというのは、投資初心者を勇気づける。成功者も一足飛びに極意を会得したわけではないというのがわかって。

逆にいえば、そうした投資術を本やブログなどで簡単に手に入れられる現代は、非常にめぐまれた時代でもある。

本によると、25歳から投資を始めた著者は、「東京都の財務局に勤めていた祖父と、金融機関に勤めていた父と母が株式投資をしていたせいか」、投資に対する抵抗感はほとんどなく、「収入を得るようになったら投資するもの」「お金は投資で増やすもの」という感覚があったという。

「20代で株式投資逆張りではじめ、円高をきっかけに米国株や新興国株に投資し、インデックスを含めた分散を意識するようになった」という投資履歴。そして「たくさんの無駄と、たくさんのストレス」の紆余曲折を経て、著者がたどり着いた結論は、一言でいうと

「米国株長期投資ならば、誰でも安定して資産が増やせる」

ということ。

冒頭のこの本でお伝えしたいこととして、そう記されている。

昨今の米国株への投資ブームをみると、先んじてそれを長年実践し結果を出している人の言葉の重みをあらためて感じた次第だ。

投資を考える時間は最小で

同書はコロナ禍前に出された本だが、第2章以降の「だから米国株でお金が増える」「米国株投資はインデックスか、個別株か?」など順を追って読んでいけば、なぜ米国一択なのかを理解しながら、具体的な投資方法を学べる内容になっており、今でもバイブル的存在になり得るものだと思う。

もちろん、すでにある程度の投資歴があり、それなりに資産がたまっている方ならば、米国株を核としながらも複数の選択肢を立てていろいろ資産設計をされているのだろう。

だが、私のような中間管理職サラリーマンの投資初心者には、シンプルな投資方法が一番だ。

著者の「人生で大切なのは仕事や、趣味や、家族の時間。だから投資には時間も手間もかけない」という考え方は、万人受けするスタイルだと思う。

ところで、ある程度年齢を重ね子どもを育て終わりつつある者として、同書を読んで別の意味で心に残ったのは、「おわりに」にも書かれているが、著者が若くして壮絶な人生経験をしていることだった。

そのことは本の内容とは関係ないが、米国株や投資のすばらしさ、必要性を伝えたいという著者の思いの深さが少しわかった気がする。

同書は、手間いらずで投資したい初心者にはちょうどいい入門書だと思う。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お金が増える 米国株超楽ちん投資術 [ たぱぞう ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/5/9時点)

楽天で購入

 

 

 

シティポップよ、永遠に―『ブーム・デイズ』(山本達彦)

この人の一番の魅力は都会的な澄んだ声。マリンブルーのような杉山清貴さんとはまた違う透明感があり、バラードを歌わせるとほろ苦い哀愁が漂う。

「シティポップ界の貴公子」なんて呼ばれ人気を博した1980年代、よく聴いていました。テレビCMでかかっていた『LONELY JOURNEY』が好きでした。

〝Roman,the man, 限りなく/Roman,the man,so far/LONELY JOURNEY〟

どのアルバムも味わいがありますが、レコードを保有しているこのアルバム(1987年リリース)から一曲選ぶとすると、『変わらぬ心』かな。作詞=吉元由美、作曲=山本達彦

〝変わらないこの心/愛は淋しさも 時も超える/つまずいたその時は/僕へ帰れ…sweat to love〟

ドライブにも似合う楽曲が多かったですね。あの頃の若者は、たいていクルマにあこがれを持っていました。友達はレビン、私はトレノに乗っていました。

それほどのファンでもなく、中年になっていつのまにか聴かなくなっていましたが、最近再び聴くようになりました。名曲がいっぱいあることを再発見した思いです。

そして、いまも現役で活動されていることを知って、ちょっと感動。若いときと声が変わらないところがまたすごい。一度ぜひライブで聴きたいものです。

気になった方は一度、達彦さんのオフィシャルサイト(http://www.tatsuhiko-yamamoto.jp/)をご覧ください。

一度聴けば、たぶんはまるはず。

f:id:Mahoroba-yamato:20210504172735j:plain

ジャケットの顔はこんな感じ

 

カタカナ語が多すぎる―競争馬名にも余波?

f:id:Mahoroba-yamato:20210428133536j:plain

人生の第4コーナーは差して勝ちたい。(改修前の京都競馬場

あなたの思い出に残る競走馬はなんですか?

そう尋ねた場合、たいていの人はG1馬の名前を挙げると思うが、逆に負けすぎて有名になった高知競馬のハルウララなんて超脇役を挙げるあまのじゃくもいるかもしれない。

それにしてもハルウララ武豊も鞍上になったこともあるし、なかなかいい名前だ。

マスコミも平気で使用

ところで、競馬新聞ならカタカナの馬名が紙面に氾濫してるのは当たり前だが、政府の文書や会見でカタカナ語の頻出が止まらないのはどうしたものか。

もともとその傾向は平成の頃からあったが、そのままマスコミも使用しているから始末に負えない。

クラスター、ロックダウン程度はまあいいとして、ソーシャルディスタンス、エッセンシャルワーカー、ヤングケアラー等々、カタカナ語だらけ。おまけにどんどん長くなっている。

エッセンシャルワーカーは、日常生活に必要不可欠な仕事を担う労働者ってことらしいが、そのまま使って高齢者が分かると思っているのだろうか。

ヤングケアラーもそう。普通に「家族の世話をする子ども」って言えばいいだろうに。

そう思いませんか。

結局、科学にしても医学にしても、いまだに海外の学問・研究のほうが進んでおり、その専門用語や概念をそのまま取り入れるから、こういうことになるのだろう。

取り残される高齢者

カタカナ語の氾濫で迷惑するのは結局、国民だ。

今月の読売新聞で、橋本五郎・特別編集委員がコラムでこの問題に触れ、「それにしても使いすぎではないか。高齢者は完全に置いてきぼりにされている」「新聞を開けばあれもこれもカタカナ文字。いったい日本の言葉は何処へ行ったのか」などと問題視されていたが、まったく同感だ。

さかのぼれば東日本大震災の時もそうだった。

モニタリング・ポスト、ベント、メルトダウン、ストレス・テスト等々。

この国はマニュアルにない危機的状況になるとあたふたし、あわてて専門家を集めて検討させ、いろいろ面倒な手続きを踏んだ上で、最後にようやく政治判断するというのが通例のようだ。

だから、決断がやたらと遅い。

今回の緊急事態宣言の発令もそう。

競争馬名もナガクナリニケリ

冒頭の話に戻るが、競走馬名の文字数も近年、増加傾向にあるようだ。

競馬評論家の井崎脩五郎さんによると、皐月賞の場合、創設から3年間と最近3年間の馬名を比較した場合、平均文字数は5.3から7.2に増加していたという(『サンデー毎日』4月25日号の同氏コラム「予想上手の馬券ベタ」参照)。

井崎さんは「こうなった理由は、外国語の使用が多くなったことがいちばんと思われる」と指摘している。

おそろしや。馬名にも外国語が使われる頻度が増えているとは。

まあわかりやすく、なじみやすかったら、短くても長くてもいいのだが、昨今のカタカナ語の氾濫はやはりいただけない。

東京五輪の規定集も「プレーブック」ということを最新知った。

なんやねん、それ。聞いても意味わからん名前つけるな。

関西のおっさんは、やはりいちゃもんをつけたくなるのである。
 

「DIME」6月号がおもしろい! ― “儲けの極意”を学ぶ

 つい付録と表紙の見出しにつられて買ってしまった。

DIME」6月号のことである。

「マネー誌では読めない儲けの極意を大公開!」「株投資の新常識」などの見出しにまず引き付けられた。

ためしに少し読んでみると、きちんと取材されていて中身も濃そう。しかもスマホスタンドが付録に付いている。

というわけで買ってじっくり読んでみたが、これがなかなかおもしろい。

初心者を巻き込んだ昨今の投資ブームに乗った企画であることは明らかだが、「2021年こそ『株式投資』をすべき3つの理由」として、今をときめく、ぽんちよさんやろっくさんなどの投資系YouTuberの方が丁寧に「ハジメドキの理由」を説明している。

「この銘柄・セクターが熱い! マネー誌にはない情報を公開」では、今年目が離せない銘柄も紹介してくれている。

コロナ収束の兆しが見えれば相場崩壊?

その中で個人的に気になったのは、RadiOyaziさんが、コロナ禍が収束する兆しが明確化すると相場が崩壊する可能性を指摘している点だ。

いつ起きるかわからない下落相場では、株価急落に強いディフェンシブ銘柄でリスクに備えつつ、相対的に割安な銘柄で賢く稼ぐ。そういう相場では、「ショボトレ」(プラスになったらすぐに利益確定するショボいトレード)がいいという。

「億り人」へのロードマップも見える?

また、たけぞうさんなど「億り人」3人による座談会もある。

具体的な分野や銘柄も挙げて未来予想図を語っているので、それを参考に、もしかしたら「億り人」へのロードマップも見い出せるかもしれない。

今後の株式市場については「ますます難しい市場になる」「一言で言うと、カオスになる気がします」などの言葉は、警鐘として素直に受け取っておいたほうがよさそうだ。

「下落相場でも上がる強い銘柄は必ずあるので、そこに集中投資ができるように、基礎力を身につけておくべき」との指摘も胸に留めておきたい。

株や投信は「自由に生きるためのフリーパス」

そのほかにも、35歳にしてすでに「FIRE」を達成している投資家芸人、厚切りジェイソンさんのインタビューもあるし、読み物としてもいろんな企画が詰め込まれていて、買って損のない号だと思う。

「株や投資信託は、自由に生きるためのフリーパスのようなもの。お金が足りなくならずに生きられたらそれで十分ですね」

ジェイソンさんのこの言葉に、「足るを知る」生き方を目指すポケット投資家も深く肯いた次第である。

ぜひ一読を。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DIME(ダイム) 2021年6月号【雑誌】【3000円以上送料無料】
価格:990円(税込、送料別) (2021/4/22時点)

楽天で購入

 

 

コロナとヘリコ~悪玉を退治せよ!~

f:id:Mahoroba-yamato:20210418171704j:plain

COVID-19の模型

とほほほ…テレワークによるコロナ太りで健診結果が悪かったので、ようやく重い腰を上げた。

肝機能がとうとう「E」になったので、まず禁酒を敢行。ジム通いもコロナ対策をしながら再開した。血圧も上が135を超え高めだったので、毎日測ることにした。

胃内の菌もようやく退治へ

胃カメラの際に前から勧められていたヘリコバクター・ピロリ(胃に感染して悪さをする細菌)の検査もようやく受け、やっぱりいることがわかったので現在、除菌治療中だ。

f:id:Mahoroba-yamato:20210418171802j:plain

ピロリ菌の除菌治療パック

昔やった胃潰瘍は治っていたのだが、その後、X線検査ではずっと萎縮性胃炎と診断されていた。バリウムを飲むのがつらくなってきたので、胃カメラにかえたところ一目瞭然、胃内が真っ赤になっていたので、ヘリコの検査を勧められたのだ。

ヘリコ(普通はピロリ菌と略す)は胃がんなどのリスク因子なので、いないに越したことはない。除菌で消滅してくれることを祈るばかりだ。

ウイルスや細菌にも善玉、悪玉があるらしいが、コロナもヘリコも悪者。一刻も早く退治するしかない。

画像で見るとどちらも気味が悪い。コロナウイルスは表面に突起があり、それが王冠に似ているとしてギリシャ語で王冠を意味するcoronaという名前が付けられた。一方のヘリコバクター・ピロリのヘリコは「らせん形」を意味し、ひげの部分も回転させて移動する気持ち悪い細菌だ。

しらふで生きていく?

ちなみに一カ月禁酒したおかけで肝機能はほぼ正常に。このまましらふで生きていくのも酒代がいらないから資産形成上もいいのではないかと思う。

だが、ギャンブル(昔は競馬を少々)もせず、酒も飲まず、清く正しい節約投資生活で残りの人生を生きるのも少々つまらない気がする。

健康的な生活をするに越したことはないが、人間は感情の生き物だ。まずは健康を快復し、筋肉が復活したら、たまには羽目をはずしてもいいんだよと自分にいってやろうと思う。

もちろんそれはコロナ退治が終わった後のお楽しみとして。

みなさんもコロナ太りにはお気をつけを。

そして早くコロナが収束しますように…。
 

 
 
 

 

こんな時こそ『街道をゆく』を読もう

f:id:Mahoroba-yamato:20210413144559j:plain

司馬さんのかつての自宅は現在、記念館になっている

コロナで外出を控えている人も多いはず。

こんな時こそ、『街道をゆく』(司馬遼太郎著)を読んで、疑似旅行体験をしてみてはどうだろうか。

自分の行きたい地方へ。

私がなにげなく手に取ってみたのは「羽州街道ほか」篇である。

このシリーズが読み継がれているのは、人々の生活が歴史の積み重ねの中で営まれていることをあらためて教えてくれるからだと思う。そして読むたびに教えられることがある。

地方ならではの郷土料理も

司馬さんは食にあまり興味はなかったようだが、郷土料理の話もときどき出てくる。

米沢では、前菜に「あけびの皮の油いため」が出た。私は実しか食べたことはないのでわからないが、干して苦みを取り、味噌を詰めて炒めたものだという。たぶんおいしいはずだ。

そして米沢牛のすき焼きを食べて一言。

《牛肉は、うまかった。》

それはそうだろうが、もうこの言葉だけで、よだれが出てくる。

今も「みやこ」に権威が集中

ところで、東北を語るときに必ずと言っていいほど触れられるのが、日本人の「都鄙意識」だ。この差別意識はいつから始まったのか。

その祖型は「奈良の都(平城宮)という、長安都城を何分の一かに縮めて設計施工されたときから出発している」という。

そして敗戦後―

《すべての国税が地方から吸いあげられて東京に集中し、東京の政府は気が遠くなるほどの金を集散する機能を持っている。巨大な金が首都に集中するためにそれにともなって巨大な人口が集中し、依然として首都は平城京に似て不必要なほどの高位置を占め、鄙は依然として貧乏くさく、いぶせく、地方としての重要な蓄積を持ち得ずにいる。》

司馬さんはこう記しているが、令和になってもそれはあまり変わらない。

コロナ後の地方創生は?

ちなみに菅義偉首相も秋田県出身だから羽州人だ。

時に強権的な面がのぞくが、ふるさと納税など地方重視の取り組みも目立つ。だが、肝いりで始めた「Go To トラベル」は頓挫。

はたして、課題の地方創生をこれからどうするのか。

コロナショックは、あらためて地方のあり方を考える機会にもなっている。
 

老いていくということ

 

f:id:Mahoroba-yamato:20210408134304j:plain

人生の散り際は…

50代になると着実に老いを実感していく。体力的にはまだ頑張れそうだが、まず老眼になる。五十肩も経験する。若いときは徹夜なんて平気だったのに、とてもそんなことはできなくなる。

健診の数値もいつしか悪くなり、大小あれど、やがて多くの人がなんらかの持病を抱えていくようになる。

そう、人は着実に老いていくのだ。

「自分が生きる」中で「人の死」が重なっていく

この間、久々に椎名誠さんの小説を読み返したが、今回は8年前に出された『ぼくがいま、死について思うこと』を読んでみた。

最近、さらに死を身近に感じた思いを綴った『遺言未満、』を出されたから、死生観が変わっているかもしれないが、先の本は椎名さんが60代後半に身近な人の死について初めて書いたもの。

書いている間にも親友の死に会い、最後はこう締めくくられている。

 《ぼくはあといくつこういう場に立ち合うのだろうか。そしていつ自分がこういう場でみなにおくられるのだろうか。それは、わからない。ぼくにも、そして誰にもわからない。》

スーパー「じいじい」も死が身近に

頑健そのものの椎名さんも高血圧やうつ、不眠を抱えて生きてきたことを知ってちょっとほっとした部分もある。でもこの「じいじい」(お孫さんはこう呼んでいたようだ)は、スクワット300回、腹筋200回、腕立て伏せ100回を日課とし、体脂肪率一ケタのスーパーじいさんだ。

そういう人でも「ぼんやりしていても『死』はどんどん身近に迫ってきているのだ」と実感する。

ましてや人生100年時代。とにかく老後が長すぎる。老後の資産形成を考える際、これからは若いときからそういうこと(要するに終活)も考える機会を持った方がよいのかもしれない。

「人生会議」で最期を決める?

余談ながら、家族や医療者と終末期医療の話し合いをすることを、国は「人生会議」という言葉で普及させようとしているが、いかにも会議の好きな役人が選んだ空疎な言葉だ。これが愛称というのだから余計におかしい。

会議というのは、普通「議決するために関係者が集まって相談すること」を指す。

理想的な死に方はあっても、そうなるとは本人にも誰にもわからない。ましてや弱っている最後に本人が決断を下せるのか。それともまわりが忖度するのか。

いずれにせよ、最期に向けた人生最後の決断。

答えが一つに決まると思う方がおかしいと思いませんか?